E4jis2jarj2csjfgrk85

DRMチラシ作成法

平秀信式チラシの仕組みを徹底解説

チラシがお客さまの心に届くまでの険しい道のり


まず、大抵のチラシは、全く読まれることなくゴミ箱に捨てられてしまいます。そんな中で手に取って、目をとめてもらい、内容を読んだ上で行動をしてもらう。そして最終的には商品の購入へと導く。

チラシには、押さえておかなければならないポイントが数多くあることを、まずは理解しておくことが重要です。

紙の大きさも、印刷の色も、全ては目的のために


平秀信が、エルハウスで使用しているチラシ、実際に効果を上げた実績のあるチラシ。その細部に至るまで、どんな理由でそうなっているのか、平秀信本人がすべて詳細に解説していきます。

「カラーで印刷したら捨てられる」「紙の大きさ」、「縦か横か」など、人間心理に基づいたルールに沿って綿密に計算し尽くされた、平秀信式DRMチラシの真髄を、惜しみなく伝授する講座となっています。

チラシの目的を理解し、正しく作り、正しく配布


チラシの目的を、商品の説明や、売り込みに設定するのは得策ではありません。この動画で明かされる秘密を一つずつ、マネしたチラシ作りを愚直に実行してください。

大手が大金を投じて作成し大量にバラまくチラシを、軽く凌駕する反応が得られます。ビジネスの中で、チラシが担うステップを正しく理解することで、大きな成果をつかみとることが可能となるのです。

講師について


平 秀信
平 秀信

平 秀信(ひら ひでのぶ)。起業家、経営コンサルタント、一級建築士。
1959年長崎県生まれ。建築専門学校卒業後、長野県の建設会社に20年間勤務。その間に一級建築士、宅地建物取引主任者などの資格を取得。神田昌典氏よりダイレクトレスポンスマーケティングを学ぶ。2000年に工務店を立ち上げ、3年で10億円企業に育て上げたあと、コンサルティング会社、通信販売事業、出版事業など国内外で多方面の事業を経営。今も弟子と共に海外視察や世界の秘境を訪れ見聞を広める。2016年、千客万来実践会の立ち上げと同時に、参加者1,000名を突破、さらに会員数を増やし起業家育成の為に今も日本と世界を飛び回る。


以下のボタンを押してお申し込みください