eラーニング担当の芦田です、


あなたに今日は質問があります。


ランディングページを持っていて

集客に活用していますか?


メルマガでお客さんに

日々アプローチしていますか?


どっちもやっているという人、

どっちか片方はやっているという人、

そっちもやれていないという人に

分かれたかもしれません。


ところで、


ランディングページを作ることと

メルマガでアプローチすることは


実は別々の作業ではなく

「一つのまとまった作業である」

と認識されていた人は

あまりいないかなと思います。


マーケティングファネル

という言葉をご存知の方なら

おわかりでしょうが、


別個に考えるべきではないのです。


見込み客がコンバージョンするまで

一連の動きを俯瞰的に見て


「いかにコンバージョンしてくれるか」


というのを考えるべきなのです。


実はこれは海外では普通だったりします。


国内のメール配信のシステムや

ランディングページの制作ツールは

マーケティングファネルまで

踏み込んだツールは皆無です。


しかし海外では

mailchimpやget responseを始め


メール配信システムが続々と

ランディングページの制作ツールを

搭載するようになっているのです。


しかも制作できるランディングページの

クオリティは圧倒的に高いのです。


ちなみに、これらに加えて

Web広告やオフラインの導線なども

「見える化」し、


マーケティングファネルを

企画・実行・改善まで自動化できる

ツールもあります。


これを

マーケティングオートメーション

と呼びます。


マーケティングオートメーションは

大手企業は導入している会社も多いですが

中小企業は少ないのが現状です。


しかし、

だからこそ導入する価値があるでしょう。


周りがやっていないことをやれば

勝ちやすいゲームに早変わりしますからね。


ちなみに、

こういったツールは今後は海外製を

使うことをおすすめします。


というのも、

海外製ツールのほうがエンジニアが優秀なので

品質や安定性が高いですし、


マーケティングが

日本より断然進んでいるために

ツールの基本設計が全然違うからです。


英語のハードルもありますが

「テクノロジーやソフトウェアは海外製」

にしておくと、AIの波にも乗りやすくなります。


※AI活用も海外のほうが圧倒的に早いです。


以上、参考にしてみて下さい。


eラーニング担当

芦田 哲也


[お知らせ]

このメルマガのバックナンバーは

ブログでアップしてあります。

http://bit.ly/2JBwz6G

---

メール配信者:RN株式会社

東京都港区元赤坂1-2-17 AKASAKA K-TOWER

お問い合わせ:[email protected]